scroll

患者様の声「10月の活動記録」 H.Y様

2021年10月31日

患者様よりメッセージをいただきましたのでご紹介させていただきます。


患者様の声「9月の活動記録」 H.Y様

2021年10月08日

患者様よりメッセージをいただきましたのでご紹介させていただきます。


患者様の声「8月の活動記録」 H.Y様

2021年09月06日

患者様よりメッセージをいただきましたのでご紹介させていただきます。


患者様の声「7月の活動記録」 H.Y様

2021年08月27日

患者様よりメッセージをいただきましたのでご紹介させていただきます。


患者様の声「18歳と81歳」

2021年06月18日

患者様よりメッセージをいただきましたのでご紹介させていただきます。


患者様の声「5月の活動記録」H.Y様

2021年06月18日

患者様よりメッセージをいただきましたのでご紹介させていただきます。


患者様の声「先生と患者」

2021年06月18日

患者様よりメッセージをいただきましたのでご紹介させていただきます。


福岡女子短大紀要 第86号に論文が記載されました

2021年04月23日

原著論文「糖尿病患者のアドヒアランス効果につながる調理実習」が福岡女子短大紀要に掲載されました。



みんなで作成した料理のレジメ

2019年11月12日

福岡女子短期大学の学生さんにも参加していただき参加者24名で盛会に終わりました。当日みんなで作成した料理のレジメを作りました


世界糖尿病デーin 福岡”2019 とMネットワーク新会長の報告

2018年11月28日

昨年に引き続き 11月17日(土曜日)に太宰府天満宮 本殿がブルーにライトアップされました。 11月17日は今から97年前に“インスリン”を発見したフレデリック バンチングが生まれた日です。これにちなんで11月17日は世界中の名所、旧跡がブルーにライトアップされます。福岡は太宰府天満宮です。今年は今は解散した成人病センター糖尿病患者会の祖原ネットワークと私のクリニックのMネットワークが参加しました。

写真はライトアップされる前と後の太宰府天満宮本殿です。 また、Mネットワーク (三村かずお内科クリニック患者の会)の新会長を青木慶爾さんにお願いすることが参加者に了解いただきました。今後患者の会の活動を活発にしていく予定です


抗PD-1抗体((ニポルマブ)使用中に高血糖症を呈した 腎細胞癌の治療例

2017年11月01日

劇症1型糖尿病??
三村かずお内科クリニック1)
九州大学病態制御内科2)九州大学医学部泌尿器科3)
三村和郎1)末次裕郁子1)竹之内幸代1) 牧俊允2)
園田紀之2)立神勝利3) 小川佳宏2)江藤正俊3)


4月なのに年賀状

2017年04月04日

先日、友人から素晴らしい“胡蝶蘭”が届きました。私はちょうど2年前、還暦を前にあいれふ(健康づくりサポートセンター)を辞して無謀な??開業を決意しました。  “胡蝶蘭”は家内と私の共通の主治医の歯医者さんからで開業3年目に向かう私たちへの“オーレ 応援歌” でした。“初めまして、このたび開業いたしました。若輩ですがーーー”とは違う“還暦のおじさん”の開院でした。4月なのに年賀状。なぜなら私たち、患者さんにとっての新年だからです。

それから相次いで“3年目に入りますね”とのお祝が届きました。母教室の九大3内科から、開業に多いに協力してくれた方たちからーーー。 みんな応援してくれてたのだと実感しました。開業1年たった時の“やったね”でなく3年目のというのがいいじゃないですか。

長い臨床医の経験もあります。多くが大学、公的病院の勤務で。17年も医師会病院にいたので多くの開業医の先生とのお付き合いがあり、開業医の環境も、先生方のスタンスも理解できている“つもり”でした。また、保険の審査員を長くしていたので保険の仕組みもおおよそわかっている“つもり”でした。でも現実は違いました!! 今になって苦労が身にしみてわかりました。

3内科入局時に“投げて、打って、走れる医師”になりたいですと書いたのを思い出します。教授面談の前に教授秘書さんから“先生、これはすごく元気のいいお言葉ですが叱られるかもしれません”と注意されたのを今でも忘れません。しかし、恩師井林先生が“門司港”の門司労災病院に赴任されるとき、“ついて来い”と指名されました。“ついて来い”と言われた後、“俺は勉強ももちろんだが体が動く君たちについてきて来てほしい”と言われました。門司労災時代はとても楽しかったです。井林先生から1000円もらい、ショートカップのビールと竹輪を二人分買って長住までお送りし草ヶ江に帰っていました。

人生なんてそんなものだと思います。たくさんのことを経験し、耳年増になりました。よく話を聞き、話をしますのでちっとも儲かりません。でも、きちんと“いかり”を置くところをいま、知っています。それは家内、患者さん、スタッフの皆です。


ウォーキングのこつ

2017年03月17日

運動は有酸素運動(ウオーキング)と筋力トレーニング(筋トレ)が大事です。 今回はウオーキングのコツを説明します。

  1. ウオーキングの準備です。ウオーキングは足にあったシューズやウェーアーを準備することから始まります。夕方に足あわせをしてかかとに指が一つ入るくらいの余裕をみてください。ジョギングと違い、クッションのしっかりしたソールが厚い靴を選びます。薄いジョギングシューズでしゃれた煉瓦道を歩くと足を痛めます。そしてカラフルな、こんな機会じゃないと買えないウェーアーを買いましょう少しお財布のひもをゆるめてわくわくのショッピングです。そしてコースはなるべくフラットな道を選んで下さい。アスファルト道の端は案外、傾いていることをご存知ですか。それも足腰を痛める原因になるので気をつけて。
  2. 運動は余計な疲労を避けて安全な歩行運動を楽しみましょう。姿勢よく(あごを引く、背筋を伸ばす)そしてリラックスして!!かかとから着地し、足の裏全体を使って、つま先で押し出すように歩きます。最適な歩幅は“前にならえ”の格好で腕を前方に伸ばした時の、手首から脇までの長さがそれです。地面にその長さの線を引いてみると、結構長いと感じるはずです。きっと“えい”と手を振らないとまたげないはずです。
  3. ウオーミングアップ(準備運動)とクーリングダウン(整理運動)を入れてください。運動をしたために起こる障害の原因は、ウオーミングアップ(準備運動)とクーリングダウン(整理運動)が不足して起こることが大部分です。筋肉はそんなに若くはありません。
  4. 運動時間は早朝の運動が最も代謝効率がいい運動とされますが、病気をお持ちの方はおきぬけの運動はストレスがかかりますので避けましょう。インスリンや経口糖尿病薬を飲んでいる方は食後1時間ないし1時間半ぐらいにしましょう。これは低血糖を予防するためと、食後高血糖を抑えるためです。運動は週に最低3回行いましょう。糖代謝に対する運動効果は2―3日間しか持続しないとされるからです。分割してもいいのですができれば30分は継続を、つまりは5分の最適距離を6倍して歩いてください。例えば5分の最適距離が500メートルなら、30分で3キロです。大体、10分間歩くと1000歩にあたると考えていただくといいと思います。そうすればリフレッシュ間違いなしですよ。ウオーキングに慣れてきたら、30分歩いた後、一分間の脈拍数の確認を。もし目安の脈拍数より多ければ次回からペースを落とし、目安よりも少なければペースを上げてください。ウオーキングも回数を重ねると“最適な速さ”も上がるはずです。
  5. ウォーキングがもっとも手軽にできる基本の運動です。また、ウォーキングは全身運動です。しかし、運動の種類は皆さんの得意なものでいいでしょう。要は有酸素運動を意識したあなたの得意な運動を選ぶことです。インターバルが入る運動や運動強度が強かったり、弱かったりする運動は運動強度の把握が難しいことに注意してください。また、近頃はウオーキングにストレッチを加えたほうが筋肉、骨、関節を強化することができるとも言われています。)
  6. そしてウオーキングを含め1日に歩いた数を歩数計で把握し、体重と一緒に記録を。その積み重ねが達成感につながります。私たちの日常生活の運動量は万歩計で推測できます。男性の方で歩く習慣のない方の歩数は3000歩以内、女性は2000歩以内。少し足早な運動では10分で1000歩歩きます。10分歩いて1000歩を超えてない方はゆっくり歩きすぎ。
    1000歩を超えていたら運動になっています。平均的運動量の男性は3000歩(生活歩数)+4000歩(通勤に20分往復歩行)でも7000歩です。これに30分のウオーキング(3000歩)をプラスしてやっと100,000歩です。女性はもっと大変です。
    平均的運動量の男性:
    3000歩(生活歩数)+4000歩(通勤に20分往復歩行)=7000歩です
    平均的運動量の女性:
    2000歩~3000歩(生活歩数)通勤がないとお買い物です+4000歩=7000歩です(1時間弱のお買いもの)
    +30分のウオーキング(3000歩)で100,000歩です。
  7. 近頃の万歩計は優れものが多く、1日の運動としてではない生活歩行数、運動として歩いた歩行数を区別したり、運動の総消費量を計算したり、消費脂肪量を表記したり、走行距離を計算したりーーーー歩数は食べ物のcalと比較するためcalで表されます。1日の活動量は基礎代謝量に加算され総消費量として表記されますし、階段など垂直方向の移動も強度が違うので別に示されます。しかもその万歩計をスマホにかざせばすべてのデータが自動的に転送されます。メモリーも数週間は記憶してコンピュータにデータを飛ばしたり!!われわれよりも賢いのではと思うくらいです。この作業が励みになります。患者主体で達成感を確かめられるのは運動と体重でしょう。でも歯を食いしばって歩いてはいけません。四季折々でお気に入りのコースを決めて、仲間たちとわいわい歩くのがいいでしょう。同行の方がいると長続きします。生活習慣が変わればカラダも変わります。さあ早速出発です。

(三村和郎)


インスリン必要本数簡易換算表

2017年03月17日

外来でインスリン注射の患者さんへの処方本数を暗算でするのが面倒だなと感じられるあなたに!! 私たちがクリニックで用いている、考えればなんてことない本数換算表をこっそりお教えします。

上のようなカラムをEXCELに作ります。

次の外来日は何日後、1日の総単位数(から打ちも含め)を入力すると、次回必要単位数はEXCELが計算してくれます。1バイアルの総単位数、次回必要な単位数は、上の必要単位数から手持ち単位数を引き容量で割れば必要な単位数が表示されます。

簡単でしょう!! 添付できればEXCELを添付いたします。
試して使って(作って)ください。 昔、作ったファイルを引っ張り出してきました。

ただしスタッフからそんなのに頼るような知恵を働かせたら脳の老化が早まりますよとのことでした。もっとも、もっとも。

日数 1日の総単位数 次回必要単位数 残っている本数
30 28 840 1
容量 手持ちの単位数 必要な単位数 必要な本数
450 450 390 1.3

熊本市市民公開講座の資料

2016年12月22日

「(新釈) 貝原益軒の養生訓~現代に生きる300年前の智慧~健康なまま人生を全う 」と題して講座を行っております。当日の資料は下記から閲覧ください。

当日の資料(PDFファイル) を参考ください。


糖尿病講演会「11人に一人は糖尿病?知らないと大変!糖尿病XYZ」のお知らせ

2016年12月22日

「糖尿病治療にかかる医療費は、がんの治療にかかる医療費より高いのはご存知でしょうか?糖尿病は合併症の病気で、血液透析、失明、心筋梗塞、脳梗塞の一番の原因になります。糖尿病専門医から、糖尿病を遠ざける予防法と上手に付き合うケア法をお話して頂きます。

開催日時 H29.1 月 22 日(日) 10:00~11:30
会場 希みが丘公民館
参加費 無料

“野”に一輪の“花”を

2016年11月06日

私の生家は熊本県益城町、住んでいたのは熊本市東区健軍です。私たちも熊本地震で散々な目にあいました。さて、実家の父の書斎の掃除をしているときに偶然にも行方不明となっていたDVDを見つけだしました。4年前に亡くなった父の偲ぶ会を開催した時、確かある1枚のDVDを焼き参加者に配りました。それは約40年前の1973年(昭和48年)6月放送されたNHKテレビ番組“ニュース特集”かくれた難病~小児糖尿病~というNHK特集番組です。“ニュース特集”は、当時のNHKの看板番組、ゴールデンタイムに毎週一本(30分番組)放送されていました。

当時、日本においてインスリンの自己注射は医師法第17条に抵触するということで認められないばかりかインスリン注射に関わる費用は健康保険が適応されず、すべて自己負担という“患者さんがおきざりにされた”、“医療の荒れた野”のような状態でした。患者さんは毎日かかりつけ医のところに行きインスリンの注射を受けていました。そこで日本糖尿病協会の会長、副会長、患者の会の代表は厚生省に10万名の署名を持って陳情に行きました。特集はこの陳情などを編集した番組です。この放送が端緒となり、小児糖尿病の存在が広く全国に知られることになりました。

その一方で、インスリン自己注射にある試みが1973年(昭和48年)に始まりました。それは“長野方式”というもので、医師は外来診療で400単位が入ったバイアルから処方どおりのインスリンを患者さんに打ち、残りを廃棄という形にして患者さんはそのバイアルを持って帰って自宅で自己注射をしていました。しかし5年後に厚生省が知るところとなり“長野方式”は禁止されました。

しかしこのことなどが1981年(昭和56年)に厚生省 園田 直大臣を動かしインスリンの自己注射は認められました。あの陳情からなんと8年もたっているのです。このように“原野”に一輪の“花”を咲かすのは極めて困難なことでした。先人のご苦労に頭が下がります。
インスリン自己注射の黎明期をちょっとだけ書きました。これには糖尿病学会、糖尿病協会、日本医師会がかなり力を入れられたそうです。11月は”糖尿病月間“です。こういう苦労があったことをお伝えしたいので書きました。


三村悟郎先生の「ラッキー」&「ハッピー」な物語

2016年11月06日

私は今、先生とご一緒に制作した、1973年(昭和48年)6月放送のNHKテレビ番組「ニュース特集」かくれた難病~小児糖尿病~を見ています。

先生は、39年前・50歳そこそこの若々しい姿です。

「ニュース特集」は、当時のNHKの看板番組、ゴールデンタイムに毎週一本(30分番組)として放送されていました。1973年に放送された主なテーマの一角にかくれた難病~小児糖尿病~ が放送されたのです。 スタジオ出演者は、三村悟郎先生は勿論のこと、当時、東京にあって、糖尿病患者のための勉強会を組織されていた丸山博先生が、専門医の立場で、また、小児糖尿病のこどもを抱えた父兄の代表5名が熊本から上京して雛壇に並び、患者家族としての窮状を切々と訴えました。

更に、スタジオにはもう一人、新進気鋭の衆議院議員・山口敏夫厚生政務次官が座り、小児糖尿病の子供たちの日々の暮らし振りを記録したフイルム映像に見入り、医師や患者の話に耳を傾けました。 番組の司会は、誠実な司会で定評のあるNHKアナウンサー(戦後採用の第一期生)野村泰治さんです。 此のNHK「ニュース特集」の放送が端緒となり、小児糖尿病の存在が広く全国に知られることになりました。しかも、NHKと言う「公共放送」の後押しで、山口政務次官は、スタジオで(放送の中で)「インスリンの自己注射の保険適用が熊本でも認められるようにします。」との英断を発言したのです。 日本の医療保険は、明治政府が制定した医師法の下で全てが縛られています。つまり、注射をするのは、医師自身か、医師の指示の下で看護婦がすることの定めがあります。(医師法・第十七条  医師でなければ、医業をなしてはならない。)

公文書になるまでには、8年の歳月を要しましたが、以下のような通達になり、今や、糖尿病治療の本流に位置しています。

当時のNHK事情を申しますと、ゴールデンタイムに30分の全国放送番組を制作する事は、東京以外では、めったにない時代でした。音声が同録出来るフイルムカメラは、東京のカメラマンが出張して撮影したものです。 糖尿病は、患者の生活習慣が変わらなければ、寛解しない・・。この確信が、1959(昭和34年)の糖尿病患者の会「かいどう会」の設立運営、機関誌「弥生」の発刊を促し、1968(昭和43年)には、熊本で初めての小児糖尿病患者サマーキャンプの開催に発展しました。

そして、「ニュース特集」かくれた難病~小児糖尿病~が大成功を収める礎になった、1973(昭和48年3月)「小児糖尿病を守る会」の結成、5月9日の熊本県庁への「難病・小児糖尿病救済に関する陳情書」提出、そして同年5月29日、上京して厚生省への陳情で上京されました。本記が、医療界に身を於かれている皆様からでは計り知れない、NHKテレビ・ニュース特集に記録されていた輝かしい医療史エポックに思いを馳せる糸口になれば幸です。


熊本地震

2016年05月30日

私の母の生まれ故郷は熊本市益城町です。そうですあの益城町です。私の母の本家など親戚がたくさん住んでいました。地震は4月15日午後9時26分に震度7の強い地震がありました。

田舎ですので、町内放送で避難勧告が放送され倒壊したらいけないと親戚たちは近くの小学校の体育館とか自分の車に避難したそうです。その後、4月16日午前1時過ぎに同様の震度7強の本震がありました。幸、不幸かはわかりませんが前日の9時に地震があったので親戚は避難していました。家は倒壊しましたが人的被害は幸いにありませんでした。祖先の墓の隣のうちは全壊しているのがテレビで流れました。地震の時間と田舎であったこと、内陸であったことで、火災や津波は避けられたので神戸淡路地震や東北地震のようなことにはなりませんでした。

震災直後、母の1周忌があり熊本を訪れました。私は喪主ですのでとにかく熊本にいきたいといろいろのところに連絡しました。新幹線が全線開通したのでJRに予約を入れると全席自由席で1-2時間前に来ていただきたいとの返事(つまり満席になったら出発で、いつ止まっても文句は言えない形で出発するということです)で、帰りは1-2時間ごとしか走っていませんでした。たくさんのことを熊本在住の妹家族たちと話したかったのですがみんな“怒っている”ようでとても“今を語る”ことはできず帰りの時間もわからないので帰ってきました。 1周忌の法会の最中にも震度4の地震がありました。私と家内は“今地震があったよね”と話をしましたが彼女らは顔も上げませんでした。帰りにお寺さんは熊本市中央区坪井ですので熊本城の周りをまわってもらいました。“ありがとうございます55周年 ホテル****”の垂れ幕の後ろの客室の窓ガラスが割れ落ち、本来使うべき屋根瓦用のブルーシートが窓ガラスを隠していました。

熊本人の誇りである熊本城も悲しい形で、今の熊本の現状を教えてくれました。 (付記)私はこの震災の3週間前の春分の日に患者さんたちと阿蘇の野焼きを見に南阿蘇にいました。白川水源も見ました。トロッコ列車もあの渓谷の鮎の滝も写しに行きました。阿蘇神社で記念撮影もし、水前寺公園にも行きました。(たくさんのきれいな写真もあります) フーーー。


セルフトレーニング問題集

2016年03月22日

中央区 4組 三村かずお内科クリニック
三村和郎

中央区高砂で糖尿病内科を昨年に開業して1年になろうとしています。自分の専門だけでなく患者さんを幅広くと診ようと内科認定医のセルフトレーニング問題集にチャレンジしました。問題数は50題です。ところが手も足も出ない問題が目白押しで、問題の6-7割は症例問題です。専門用語だけでなく診断にどういった重みをもつ検査かを知らなければダメです。結局インターネット情報は玉石混交といいますが役に立ったのはWikipedia、各学会のホームページです。

つくづく思ったのですがこの認定医試験は大学に勤務している今から認定医を、専門医をとろうとする若手に対し“内科医として最善な診断と最善な治療”の判断を要求する試験で、市井の開業医にはやれ“狂犬病”だ、“デング熱”の存在などより、これは手におえない病気じゃないかという匂いを嗅ぎ分けることのほうが大事です。あまり頭にきたので専門領域別でどれくらい出題されているかと確認したら、一番多いのが“膠原病”。次はバランスよく“消化器”、循環器“、”呼吸器“、”腎臓病“でした。極めつけは私の専門領域からはたっだの1題!! 糖尿病は診断も治療も専門医問題の対象にならないのだと痛感しました。

最後に回答者総数は8,848名。平均正解率80.5%。私の正解率は78.0%。60%以上は合格でしたが、正直言ってやれやれでした。


手に取ってみてください

2015年10月26日

わたし(たち)の本が福岡天神のジュンク堂の医学書部門の糖尿病の棚の真ん中に飾られていましたことをご報告します。

単なる自慢話です。今一番売れている”糖尿病治療ガイド”の横です。

学会まで陳列されればと思っています。そのためのもぜひ手に取ってみてください。


(問題その1)熊本宣言と妊娠・糖尿病の診断基準

2015年10月22日

糖尿病を専門職とするコメデイカルの看護士さん、栄養士さん、検査技師さん、薬剤師さんの団体は糖尿病療養指導士という資格を作って国家資格に昇格しようと頑張っています。そこを受験しようとされるスタッフは年に1回の試験を受けます。その方たちへの問題集を作成していたのですが、あまりに内容が変更になりすぎてとうとう問題集の発刊は没になりそうです。

私が担当した項目が最も変更が多いところでせっかく作ったのにボツになりそうですのでせっかくですから興味のある方は解いてみませんか。問題と正解、皮肉を込めた解説まであります。

問題の内容は
熊本宣言 コントロールの目標の変更
妊娠糖尿病の定義の変更
HbA1cの国際基準への変更
食品交換表改訂
腎症の新しい分類
インクレチン関連薬 (GLP1受容体作動薬)
インクレチン関連薬(DPP4阻害薬)
SGLT2阻害薬とすべてホットな話題ばかりです。毎週2題ずつ掲載して11月の糖尿病月間をお祝いしようと思います。

熊本宣言
2013年に第56回日本糖尿病学会年次学術集会で糖尿病のコントロール目標を提案しました。正しいものを選びなさい。
a) 血糖正常化を目指す血糖の平均値を表すHbA1cの目標は7%未満と提案した
b) 合併症予防のための目標は8%未満とした
c) 治療強化が困難な際の目標値を9%未満とした
d)  合併症予防のための目標値に対応する血糖値として、空腹時血糖値130mg/dl未満、食後2時間血糖値180mg/dl未満をおおよその目安とした
e) 妊婦を含めた成人の目安とした。

正解 d)
解説
熊本宣言で血糖コントロールの目標は血糖正常化を目指す血糖の平均値を表すHbA1cの目標は6%未満、合併症予防のための目標は7.0%未満、治療強化が困難な際の目標値を8%未満とした。
また、合併症予防のための目標値に対応する血糖値として、空腹時血糖値130mg/dl未満、食後2時間血糖値180mg/dl未満をおおよその目安とした。これは成人の目安とし、妊婦の場合は除くものとした。

妊娠・糖尿病の診断基準
妊婦糖尿病の診断基準は2010年に診断基準が改定されました。正しいものを選びなさい。
a)妊娠糖尿病は妊娠中に発見された糖尿病である
b)妊娠糖尿病は、妊娠前に発症した糖尿病も含める
c)妊娠糖尿病とは“妊娠中にはじめて発見されたまたは発症した糖尿病に至っていない糖代謝異常”のことを言う
d)妊娠糖尿病は75gOGTT, HbA1c値で判定する。
e)妊娠糖尿病と明らかな糖尿病の判定基準と同じである

正解 c)
解説
妊娠糖尿病は従来、妊娠前に発症した糖尿病も含んでいたが、今回公表した改定案では、妊娠糖尿病を「妊娠中にはじめて発見または発症した糖尿病にいたっていない糖代謝異常である。あきらかな糖尿病は含めない」と定義し、一般的な糖尿病と区別した。診断基準などを変更することで、軽い高血糖の妊婦にも治療を促すことにした。
1.妊娠糖尿病(GDM)75gOGTTにおいて次の基準の1点以上を満たした場合に診断する。
1.空腹時血糖値 ≧92mg/dL(5.1mmol/l)
2.1時間値 ≧180mg/dL(10.0mmol/l)
3.2時間値 ≧153mg/dL(8.5mmol/l)

2.あきらかな糖尿病 overt diabetes
 以下のいずれかを満たした場合に診断する。
1.空腹時血糖値≧126mg/dL
2.HbA1C≧6.1%(DCCT standardized≧6.5%)
 3.随時血糖値>200mg/dL
 *随時血糖値>200mg/dLの時は、空腹時血糖かHbA1Cで確認
4.糖尿病網膜症が存在する場合


S先生への還暦祝い祝辞

2015年09月24日

還暦おめでとうございます。私も同級生ですのでちょっと前に家族からお祝いしてもらいました。私へのお祝いは“赤い”ネクタイとTシャツでした。先生へのお祝いはなんでしょうかね。


さて、先生への最大の還暦お祝いは何と言っても(きっと)ジュビロ磐田戦の結果でしたね。ご招待いただいたトリニータ戦は残念な結果で腹が立つのでビールばっかり飲んでいました。サンデーモーニングの張本が言うように“トリニータ戦”はプロ野球の2軍戦を見ているようだったのにジュビロに勝ったなんて!!!もっと応援してあげなくちゃと感じました。


人生には“変身”のチャンスが何度かあるものです。それを感じて動き出すかどうかは本人次第。

私の人生もかなりのもので、ちょうど1年前、先生の同級生の(そして私の同級生)のW先生に声をかけられなければ、先生との巡り合いはありません。でも人生とはこういうものです。素敵なものがほしいなという気持ちが“素敵なあたしとか、素敵なあした”を作ってくれるものだと思っています


還暦おめでとうございます。アビスパのJ1復帰の美酒はぜひ一緒に飲ませてください。


待合いギャラリー

2015年08月22日

私のクリニックの待合室は受診された患者さんになるべくリラックスしていただこうと、家内の趣味であるドイツ、オーストリアに古くから伝わるお手製の木の実とスパイスのクラフト、リースで壁にあふれています。“Blumenshmuck(ブルーメンシュムック) ドイツ語でBlumenは花、Shmuckは装飾という意味です”

調度品にはこれも、スイス、南ドイツ、オーストリアに古くから伝わる独特の彩色が施された長もちや家具があります。この絵の描かれた家具のことを同様にドイツ語でBauernmobel (バウエルンメーベル)Bauerunは百姓、Mobelは絵という意味です。これらの待合室に飾られた家具はすべて家内のお兄さんのお手製です。 http://www1.bbiq.jp/sugimura-atelier/ 家具の中にはマガジンラックがあるのですがこれは私の三人の娘たちが赤ちゃんの時に休んだ“ゆりかご”です。側面にはこのゆりかごで休んだ私の三人の娘たちを含めた赤ちゃんたちの名前が書いてあります。

私は60歳前で開業しました。それまできっと勤務医でこのまま過ごすのかと私と家族は考えていました。人生には“変身”のチャンスが何度かあるものです。その変身を強引に突きつけた医師会に感謝します。“変身”を感じて動き出すかどうかは本人次第。私の人生もかなりのもので、ちょうど1年前決心しなければ今はありません。人生とはこういうものだと思っています。素敵なものがほしいなという気持ちが素敵な“あたし”とか、素敵な“あした”を作ってくれるものだと思っています。

糖尿病という診療科は他科の先生のご支援が必須です。ぜひ、今後ともご指導ご鞭撻のほどをよろしくお願いいたします。


私のいとしい人

2015年08月08日

父を追うように母が亡くなり、8月には初盆を迎えます。母の葬儀の時の参列者にお披露目をしたエピソードをお話しします。

父が亡くなり、父のデスクを整理することになりました。父は書斎に山のような雑誌を積んでいましたので何とか整理しようと、まず手始めに書斎のデスクの整理から始めました。偶然に引き出しからある写真を発見しました。写真の主は若かりし頃の母でした。そして、黄ばんだ写真の裏面にはこんな文が記載されていました。

Rein,huld und schon Meine Geliebte
清く、恵み深く そしてきれいな
私のいとしい人

父が大事にしていた写真が60余年ぶりに子供たちの前に現れました。母に尋ねると“ああそれね”、“覚えてるわ。でもおとうちゃまは、まだその写真を持っとったとね“と。“あれは第一(熊本第一高女)の時の写真よ。おとうちゃまがどうしても写真がほしいというのであげたの。“真は母の実家の熊本市白山町の玄関で撮った写真だそうです。両親が付き合ったきっかけは熊本城二の丸広場にありました。空襲で大学病院が焼けてしまったため熊大代謝内科(当時は体質医学研究所といいました)は旧米軍の病院があった熊本城二の丸で業務を再開しました。一方、母は二の丸(現在の植物園)にある化血研研究所に勤務していました。きっと二の丸広場がキューピットだったのでしょう。

当時、父は現在はなくなりました無休医局員、インターンでした。結婚するに当たり、いくら医師でも給料もない相手でいいのだろうか母の両親は悩んだとのことですが母が決心していたので話はスムーズに進んだそうです。母は父が亡くなってあっという間に病弱になりました。引き出しが終わって次に書物の整理をと考えていましたら、母が“いい”と言うまでそのままにしてあげようという話になりました。ところが今度は母のリューマチがひどくなって階段を登れなくなってしまいました。そのため2階の書斎は2年半前と全く同じ状態です。写真は父が他界する直前の88歳の米寿のお祝いの時の写真です。“ああ忙しい、ああ忙しい”と言っていましたが母は実に生き生きとしています。父が他界した後、母は病気が急に進んだというわけでもないはずなのに、後を追うように体調が悪くなりました。それくらい父を愛し、頼りにしていました。本人は“じゃーね”でいいのでしょうが、残された私たちはあまりの突然のことでまだ現実を受け止められませんでした。最後の夜は枕元に寝たのに、忙しかったのでしょう夢にも出てきませんでした。

今度のお盆に“元気な”二人に会えればと思います。


貝原益軒JCOM

2015年08月05日

三村和郎出演番組です。JCOMで放映されます。お時間がありましたら是非ご覧ください。
【番組URL】 http://www.myjcom.jp/tv/channel/shimonoseki/rekishi.html
【放送地域】 福岡市、北九州市、古賀市、福津市、糟屋郡、糸島市、下関市及び全国
【放送日程】 8月1日~8月31日(繰り返し放送)
月 21:00~  火木 17:00~  水 20:00~ 金 12:30~ 土 19:30~
発見!筑紫の歴史
番組では、福岡にゆかりのある神社、仏閣、祭り、近代産業など、今も私たちの周りに生き続ける「歴史遺産」を様々な角度から紹介。改めて地域を知ることができる郷土史発掘番組です。


貝原益軒 ~養生訓の教え~
今回は、福岡藩士の藩医の子として生まれた江戸時代の儒学者・貝原益軒を紹介します。益軒は、儒教と道教に基づいた心身の健康法を説いた「養生訓」、幼児教育の重要性を説いた「和俗童子訓」など、現代にも通じる人生の指南書を数多く残しています。


夏バテ防止 頑張れ経営者

2015年07月31日

以前、私はある企業の経営者の皆さんに講演をいたしました。講演演題は“あなたと生活習慣病 会社の健康はあなたの健康”という題でした。糖尿病などの生活習慣病がもたらす血管の病気の話で失明あり、透析あり、壊疽での切断あり、心筋梗塞ありのまことにお気の毒なドキッとする内容で、お聞きの社長さんたちの懇親会の食が進まなくはならないかと気になるデキでした。

さて、生活習慣病の代表的な病気の糖尿病は初期には痛くも痒くもありません。しかしその結果、失明(年間3000名、緑内障に次いでの失明の原因です)、透析(年間10,000名、透析の原因で一番です)にいたります。いずれも患者さん、ご家族を悩ます健康状態です。

長年、糖尿病診療に携わると合併症が進行する方の性格に一定の傾向があることに気づきます。ひとつは残念ながら病識に乏しい方、一方ひとつは自信家の、多忙な方です。いずれも頑固で病気の受け入れがうまくいきません。病気が進行するとさすがに自信家の、多忙な方たちも事態の厳しさに気づき“変わられ”ます。しかし一方、患者さんの気持ちの中に“なぜだ。なぜおれなのだ”のわだかまりを持っておられることが担当する私にはいつも気になります。

糖尿病の状態、“失明”、“透析”の合併症の危険性は企業の営業収益にシュミレートできます。血糖値の推移はHbA1c(ヘモグロビンA1c)という酵素の値で経過を追っていきます。HbA1cは1-2ヶ月の平均血糖値です。血糖値が正常の方のHbA1c値はおおよそ4.6から5.6%。私たちはその値の意味を皆さんの体温だと表のように説明します。つまり、平熱は35度5分くらいです。よく、要注意のHbA1c値は7%だといわれると思います。つまり7%を切る値を維持してくださいということですが、これは37度の微熱くらいなら何とか仕事はできる値なのでこれくらいにとどめましょうという値です。さてA1c 8% 。これは38度の熱です。明日の仕事を考えたらお薬でももらっておこうかなという値です。私たち糖尿病専門医から見ると治療の内容、指導を考え直さないといけないと考える値です。A1c 10%。体温なら40度の高熱です。とても仕事はやってられないので家で休んでいようという値なのです。ただ、HbA1c値はインフルエンザにかかった時の高熱のように急激に変化するわけではありませんので、体はうまく対応してしまいます。

そのうえ、最も怖い糖尿病の合併症はもっと、もっと長い10-20年間の血糖値の積み重なりの結果です。いっそう今の体調が結果を表すのが遅れてします。このデフレ不況の時代、企業の4半期、4半期の営業成績は企業努力の成果で良好のようでも、株主総会では企業の資産、累算収益ではバブルなどの無理な出費が響いては赤字で株主から経営陣はたたかれることになります。軒並み報道される某業界の粉飾経営利益のことはまさしくこのことなのです。その場しのぎがいかに大きな負債を残すかということです。

健康というのは長期展望を持った管理が大事です。このことは長期展望を持った経営戦略につながるとはお思いになりませんか。生活習慣病は“ライフスタイル”の病気といわれます。すなわち、あなたの生き方、習慣、家族などあなたをとりまくすべての環境が影響します。“あなた”という言葉を“会社”という言葉に置き換えてお考えになれば今が10年後、20年後を作っていくことがお分かりになると思います。


クリニック待合室

2015年05月25日

私のクリニックの待合室は受診された患者さんになるべくリラックスしていただこうと、家内の趣味であるドイツ、オーストリアに古くから伝わる木の実とスパイスのクラフトBlumenshmuck(ブルーメンシュムック) ドイツ語でBlumenは花、Shmuckは装飾という意味です。この家内のお手製のリースやクラフトが壁にはかざられています。

調度品はこれも、スイス、南ドイツ、オーストリアに古くから伝わる独特の彩色が施された長もちや家具があります。この絵の描かれた家具のことを同様にドイツ語でBauernmobel (バウエルンメーベル)Bauerunは百姓、Mobelは絵という意味です。待合室に飾られた家具もまた家内のお兄さんのお手製です。

http://www1.bbiq.jp/sugimura-atelier/

家具の中にはマガジンラックがあるのですがこれは私の三人の娘たちが赤ちゃんの時に休んだ“ゆりかご”です。側面にはこのゆりかごで休んだ赤ちゃんたちの名前が書いてあります。


ロゴマーク

2015年05月25日

私のクリニック、ホームページの至る所にロゴマークがあります。これは“みむら”のMをあしらったもので、提案してくれたデザイナーの岸本君と意気投合して作りました。これは今から20年前に北欧のスウェーデンに留学していた時に購入した3個の素朴な木製のチューリップが私の中のイメージ原図でそれを“みむら”のMになぞらえて、さらにクリニックのパンフレットや案内には“王冠をイメージしたロゴマークは、人と人が手をつないでいるようにも見えませんか?”あるいは“手と手をつなぐ人と人、患者さんを中心に家族や医療スタッフが手をとりあっている姿ーー”としました。さらに私は糖尿病が専門ですのでMのロゴマークを囲むようにブルーサークルの青いまるで囲みました。結構あのロゴマークも仕掛けがいっぱいあります。クリニックについては“みむらかずお”“三村内科クリニック”で検索して、クリニックのホームページでご覧ください。


健康のABC(健康への"気配り")とXYZ(あなたのためになる健診結果の読み方)

2014年11月04日

食べ過ぎに運動不足。今は"つい忙しくてーー"で済ませていることが、年を重ねるほど取り戻すのが大変だって気が付く。それが生活習慣というものなのです。 最近"メタボ腹"なんて言葉をよく耳にしませんか。若いころは好きなものをいくら食べても平気だったのに、気がついたらポッコリお腹。"どうにかしないといけないけれどーー"と悩んでいませんか。"がん検診"と対極にあるような領域ですが実は定期的な検査、健康への"気配り"が大事であるという点は実は似通った面を持っています。さて健診を受けてみようかと気になる、健康のABCがなぜ大事かというポイントをお教えしましょう。 日本人男性の平均寿命は約80歳、女性の平均寿命も約85歳、世界で一番の長寿国です。にわかには信じられないブラックユーモアと感じる人もいるかもしれないでしょう。私は1980年から2000年までの日本人の亡くなる原因なる、縁起でもない図を講演で好んで使います。図でお示しするように、1980年はそれまで3割ずつで肩をならべていた"がん"、"脳血管障害"と、"心疾患"の比率が大きく変わる時期なのです。30年たった今の、2016年は日本人の亡くなる原因の3割はがんです。そして脳血管疾患と、心疾患は二つを合わせてやっと3割です。この理由はこう考えます。がんは健康の交通事故、年齢の終着点の意味合いがあります。でも脳血管疾患と心疾患は防ぎ得る病気です。私達は"死ななくなった"のです。言い換えると日本人は"死ねなくなった"のです。

そして残りは実に多岐の病気が顔を出します。肝障害、気管支肺炎など。これはどういう原因で起きるのかわかりますか。うまく付き合えないアルコールの飲み過ぎ、ご高齢の寝たきり老人が力尽きて肺炎で亡くなるなどが原因です。一時期は交通事故での不慮の事故も入っていました。さらに近頃はうつ病などに伴う自殺が大きな社会の問題とクローズアップされています。"ぽっくり願望"なる言葉がささやかれますがそう事は簡単ではありません。

私達は"死ななくなった"、そう"簡単に死ねなくなった"。ならば開きなおって健康で長生きするのです。寝込む原因となる、脳血管疾患、心疾患の原因となる糖尿病、高血圧、高脂血症などの生活習慣病とは上手に付き合う(健診をきちっと受け、良いかかりつけ医を見つけましょう)。がんだって、どうせかかるなら人生の最後だけでいいや(つまりタバコはやめましょう。私はやめました)。さらに出口が見えにくい、なんとも重苦しい介護、心の病気は家族、地域、職場の皆で助けあいましょう。

私達のまちに住むみんなの心と、身体を私達みんなで守っていきませんか。私達のまちを生き生きと"あいさつ"ができるまちに私達一人ひとりで支えましょう。

さて、次に健診を受けてみようという気になったあなたに健診の結果の読み方 "XYZ" をお教えしましょう。皆さんのよかドック検診ファイルはからだ通信簿と命名しました。これはあなたの健康の通信簿なのです。

検査結果は体格、血圧、血液中の脂質、糖代謝、肝機能、腎機能、貧血、心電図、メタボリックシンドローム判定、保健指導判定と並びます

さらに検査結果の理想値(受診者に示してほしい値)、これは正常値よりも厳しい理想の値を示しています。通信簿の5段階評価を思い出してください。理想値は通信簿の5か4なのです。さらに右に目を移すとお受けになられたご自身の健診の結果が順に並んでいます。理想値を外れた場合、カラムは黄色に反転しています。が、内容はいろいろです。

  1. 黄色の反転したカラムには理想値から外れるが正常範囲の値。 つまり5段階評価の3です。これは必ずしも異常値ではないのです。
  2. 正常範囲からも外れて再検査をしてほしい値。 これはきっと5段階評価の3以下でしょう。
  3. 治療の対象となる値もあります。色が変わっても微妙に意味が違うのです。
    (これは中央保健所、あいれふで受診なさった方への説明ですがこの記載は各区で微妙に違います。ほかの区はAとかHとか、判定がついています。)

体格は
身長から計算されたバランスのいい体重、標準体重、BMIなどが並んでいます。メタボの指標の腹囲(へその高さのおなか周り (cm)))です。要注意は男性の腹囲が女性の腹囲より短いのに注意してください。
血圧は上の(収縮期)血圧 下の(拡張期)血圧があります
上の(収縮期)血圧は心臓が全身に血液を送るときの血管にかかる圧力です。
下の(拡張期)血圧は同様に心臓に血液を戻すときの血管にかかる圧力です。
目標の血圧は年齢や、合併症で違いますが、理想は130未満/ 85mmHg以下です。血圧は心臓の血液を送り出す力(心臓が無理をしていることもあります)と、体の隅々の血管のしなやかさで決まります。

血液中の脂質 
中性脂肪 肝臓や食べ物から作られる脂肪です。目に見える脂肪といわれ、多いと血液が白く濁ります。余ると脂肪組織に蓄えられます(霜降りお肉の霜!!です)。つまり、皆さんのだぶだぶおなかの原因です。コレステロール現在はHDLコレステロール(善玉)、LDLコレステロール(悪玉)と分けて表します。

糖代謝(糖尿病であるかどうかの指標)
空腹時血糖 空腹時の血液中のブドウ糖の量です。正常値は80-110mg/dlです。ヘモグロビンA1c (HbA1c)は1ないし2か月の平均の血糖値で、その日の食事の有無に左右されません。A1c (HbA1c)は皆さんの体温と思ってください。 6.5%体温で6度5分はやや微熱)。血糖値が高いですよということです。A1c (HbA1c) 7.0%はちょっと熱っぽいかな。A1c (HbA1c) 8.0%は明日の仕事を考えたらお薬でもーー。A1c (HbA1c) 10.0%は"きついなーー"です。

肝機能
AST (GOT)、ALT (GPT) 細胞(特に肝臓の細胞)が傷つくと上昇します。γGT (γGTP)はアルコール、飲んでいるお薬で上がることがあります。尿酸は血液(水)に溶けにくいため、血液の中でもガラス片のように見えます。 痛風の原因です。

腎機能
クレアチニンは腎臓が正常に働いているかどうかの指標です。尿蛋白、尿潜血など尿検査はさりげない検査ですが体のバランスを教えてくれる大事な検査です。

貧血
赤血球は血が赤い理由です。 全身の組織に酸素を運び(動脈血)、 組織のニ酸化炭素を運びだす(静脈血)のが仕事です。 年齢、性別で違います。
血色素量(ヘモグロビン)、ヘマトクリットは血の赤さの度合い、血液に赤血球がどれくらい含まれるかなどを表します。

心電図 
心臓の筋肉の電気信号で波形の乱れで病気の兆候が分かります。
判定は異常所見なし、異常所見ありしかありませんので、異常所見ありでもびっくりしないでください。

メタボリックシンドローム判定、保健指導判定
さらに介入(おせっかいと読みますが、これは善意のおせっかいです)が必要かどうか判定します。 情報提供レベル、動機付け支援 積極的支援などに分けます。


貝原益軒について

2014年11月04日

貝原益軒(1630~1714)
福岡城内 東邸に生まれる
貝原益軒翁の肖像画は益軒の子孫である
福岡市博多区で整形外科医院ご開業の貝原伸紘先生のご自宅に掛け軸として保存されています。福岡市の有志は現在も"貝原益軒保存会"を通して、翁の意志を継ごうと勉強会をされています。貝原先生の掛け軸像は福岡市博物館にレプリカとして展示されています

第一巻
この身は天地、父母から受けたもので、天下のすべてのものに代えがたい
養生の術の効果
しかもそれを継続実行するようにしないといけない
わが身を損なう飲食、好色、眠り、言葉をほしいままにしたいという欲望を去るように
生命の長短は求めれば得られるものである
寡欲が養生の原則である

第ニ巻
日常生活一般
朝の行事 早起きして洗面、髪を整えるよう
食後には 腹部をなでおろして食気をめぐらす
【呼吸法】
夜更かしの弊害
居室の清潔
陰陽秉衡論 (陰と陽がたがいに平行を持つ論)より
心の偏ぺき(へだたって、ひがんでいること)を戒めている

第三巻
飲み物、食べ物、飲み方、食べ方における養生法
元気が生命の元
飲食は生命のやしない
病気は口から入る
飲食は控えめにすること、七、八分程度でやめよ
魚類、野菜の調理法、香辛料の使用法 

第四巻
倹約と養生が合致すること
朝食と夕食の関係は
一方が淡泊であれば、他方は濃厚なものにするよう
朝夕の食べ物が一方にへだたらないように
ナスの食べ方、果物の食べ方、胃弱者が大根、ニンジン、芋など摂取する時の心得
疲労のひどいときには食を控えるように
老人、虚弱者が食べてならないもの
飲酒の仕方によって 酒は薬とも毒ともなる
客への飲酒の無理強いは戒めている
酒を飲まないものに長寿のものが多いこと
茶は少量用いること
煙草は害が多いこと
色欲をほしいままにすると短命に終わること
若いときには特に情欲を慎むこと

第五巻
耳、目、口などの五感の働き
五感は心の家臣で、心が人の身の主君である
心が何よりも大切であるから心の安静をはかるように
寝るときの姿勢、マッサージの必要性
腎臓や、足の裏の摩擦
歯の衛生管理(益軒は数え83歳で歯は一本も抜けていないと自慢している)
【便と入浴】
便秘の処置法
下痢、腹痛を収めるには入浴がいい
入浴後は風に当たらないこと

第六巻
慎病(病を慎む)
何よりも病気にならないこと
当面の小さな欲のために病気を招かないこと
内部の欲望を抑えて外からの邪悪を招かないこと
秋には風邪をひかないように
冬には衣服や暖房で暖めすぎないこと
人には心の病や目の病があり、迷うと空虚なものがみえる
【択医(医者を選ぶこと)】
患者は自分で自分にとって最も適切な医者を選ぶこと
医者に対しては病気に立ち向かうよりも、病人という一人の人間に立ち向かって治療せよ

第七巻
用薬(薬の飲み方)
病気に原因と病状とが明らかでない限り、薬を乱用してはいけない
病気初発の時には良医に診察を受けるように
服薬後の衛生
薬の服薬時に食べてならない食べ物

第八巻
養老について
老いた親を養う道は人の子として最も大切であること
その心を楽しませ
その心に背かないようにして、まごころから養うべきだ
【老人の心がけとして】
残る人生はわずかであるから、その時その時を大切にして送り
貪欲になり短気を起こすことがないように
親は反省し、子は良く親のために配慮して仕えること


タニタ食堂

2014年09月02日

タニタの社員食堂と、そのヘルシーレシピがちょっとしたうわさを呼び、メデイアに取り上げられる機会が増えてきています。先日タニタの管理栄養士さんの講演があり、福岡の薬院に支店がオープンしましたので話を聞きちょっと偵察もしてきました。なるほどなという内容もありましたので減量で悩んでいるあなたにこっそりお教えします。タニタのランチは主食のごはんと1汁3菜の5品目がそろってボリューム、栄養ともに十分なのにカロリーはかなり控えめの1食平均500kcalというのが特徴です。1汁3菜というのは日本糖尿病学会が推奨する"old classic Japanese food" そのものです。ではどこが違うのかを聞いてみるとその工夫が分かりました。

  • カロリーは1食平均500kcalと一般食堂の定食より控えめです
  • 塩分の総量は約3グラムです。多少物足りないと感じる人もいるのではないでしょうか
  • 社員食堂には毎日その日の献立表が張り出されます
  • タニタの社員食堂では自分でごはんを計って食べるようになっているそうです
    お茶碗に軽く1杯100g で約160kcal
    普通に盛ると150g で約240kcal
    大盛り200gで約320kcal と明示されています
    みんなの前で大盛りにつぐのは勇気がいるでしょう
  • ゆっくり、しっかり噛むことを推奨され、前触れなく白米から胚芽米や玄米に種類を変えるそうです。これならゆっくり、しっかりかまないと食べられません。また、野菜は大盛りで細かく刻まないので、ボリボリ食べないと食べられません。
  • 食材の工夫は油を減らすことでカロリーを減らしています
  • 味付けは塩分を控えた分だけ香りのいい野菜、スパイスで補います だからレモンやお酢などを使うそうです
  • タニタの食堂のテーブルには塩、こしょう、しょうゆの類は中央のカウンターにのみしか置いてないそうです。しかもしょうゆはもともと少量しかはいってないそうです。ドレッシングも当然中央のカウンターにあるだけです

これが食堂の工夫です。前提はおいしい食事です。

でも満腹になりたい社員は敬遠するかも!!ただこれを継続できた社員は減量に成功するでしょう

さらに計量器メーカーですので各種の体の変化が一目瞭然で分かります。しかもこの情報はインターネットで社員に公開されています。
例えば

  • 体重
  • 体脂肪率
  • 基礎代謝量 安静時も消費される基本的な代謝量
  • 体内年齢 実年齢と違う、体の年齢
  • 筋肉量
  • 内臓脂肪量 この機械群が食堂にごろごろしているそうです。

高齢者の持つ病気

2014年09月02日

東京都の100歳以上の御高齢者にどういった病気が多いかK大学のT先生がこういった報告をしています。うしろに男女別で差がある病気の比率も書きます。男性が前で、女性が後ろです。記入がないのは男女差がない疾患です。

全体 男性 女性
第1位 高血圧 63%
第2位 白内障 46%
第3位 骨折 46% 25% 52%
第4位 心臓病 29%
第5位 消化器の病気 21%
第6位 脳卒中 16% 23% 14%
第7位 がん 10% 19% 8%

の順でした。糖尿病の100歳以上の御高齢者の頻度は6%で、70歳以下の15%より明らかに低いそうです。 骨折は女性の半数が経験しています。どこの骨折でも元気のよさや、認知機能が低下します。これも深刻な問題です。また、糖尿病は実にいろいろの合併症を起こします。はては老化も早いとかいわれる始末です。でも、糖尿病がないと100歳以上の御高齢者にはとても有利です。高齢者には栄養過剰よりも栄養不足が問題になるからです。ただでさえ、食べ過ぎていることが糖尿病の問題ですが、糖尿病がなければ食事制限もないし、栄養を良好に保つことも可能なんですが。

ある動脈硬化の研究では糖尿病を持つ方の比率と動脈硬化症を持つ比率は同じ傾向で、明らかに100歳の御高齢者は動脈硬化を罹患している傾向は糖尿病と同じで70歳と比べると低下します。動脈硬化症が強い方の寿命は100歳まで到達できないようです。つまり動脈硬化症がひどいと長生きしないようです。 俺は長生きする気はないからと負け惜しみが聞こえそうな報告です。


当院が選ばれる3つの理由!


食べ過ぎに運動不足。若い頃はいくら食べても平気だったのに、気がついたら…メタボ腹。どうにかしないといけないけれど…と悩んでいませんか。年を重ねるほど取り戻すのが大変!それが生活習慣というものなのです。

がん検診と対極にあるような領域ですが実は定期的な検査、健康への気配りが大事であるという点は似通った面を持っています。健康でいきいきとした笑顔であふれる街にしたい、そんな想いをこめて開院したクリニックです。