scroll

 

オーストリアンアートフラワー 「Blumenschmuck(ブルーメンシュムック)」 ドイツ語で「Blumen」は花、「Schmuck」は装飾の意味です。ドイツ・オーストリアに古くから伝わる木の実とスパイスのクラフトがあります。

「Aterier Stern」では、パール・ビーズ・スワロフスキーを使ったブリヨンのお花・染花・アーティフィシャルフラワー・プリザーブドフラワーなど、様々なお花を木の実にあしらって、現代風にアレンジした装飾品を作ります。


オーストリアンフラワー教室の案内

講師 三村道子(オーストリアンアートフラワー「Aterier Stern」主宰)
成城大学文芸学部ヨーロッパ文化学科卒業
1994年、夫の留学先・北欧スウェーデンで木の実とスパイスの工芸に出会う。
イエーテボリ(スウェーデン)、オスロ(ノルウェー)でドイツ人講師に指導を受ける
1996年帰国後、福岡市在住の西京子先生の指導を7年間受ける。
2003年オーストリアンアートフワラー教室「Aterier Stern」を開設。
教室内容 自宅にて4から5名程でレッスンを行っています
※毎月第3水曜日開催(教室開催についてはお問合わせいただければ別日にて行う場合もございます。)
費用 4,000円(10時から15時※材料費別)
※体験レッスンも受け付けておりますので、お気軽にお問い合わせください。
3,000円(講習料・材料費込み※2時間程度で小さな作品を作ります)

 

作品集

コンポート

素材:アーティフィシャルフラワー、ブリヨン、パール●サイズ高さ26cm×横幅33cm×奥行き23cm

うさぎ

素材 染花、ブリヨン、パール● サイズ 高さ11cm×横幅15cm×奥行き9cm


ハートのスタンド

素材 アーティフィシャルフラワー、ブリヨン、パール● サイズ 高さ15cm×横幅15cm×奥行き8cm

ノーブルヒール

素材 染花、ブリヨン、スワロフスキー、パール● サイズ 高さ10cm×横幅6cm×奥行き14cm


ピラミーデ

シックな色合いのピラミーデ。見た目よりも沢山の木の実を使います。● 素材 アーティフィシャルフラワー、ブリヨン、スワロフスキー、パール● サイズ 直径15cm×高さ33cm


馬蹄の額

幸運を呼ぶ馬蹄、自宅の玄関に飾っています。●素材:アーティフィシャルフラワー、ブリヨン、チェコビーズ、ガラス製ヒンズ、パール、フランス製リボン● サイズ:高さ25cm×横幅20cm


ブーケ

お客様のオーダーで作った大きなブーケです●素材:染花、ブリヨン、パール、マンシェッテ● サイズ:直径19cm×高さ22cm

エンジェルの壁飾り

ブリヨンとスワロフスキーでブドウの房を作りました。●素材:染花、ブリヨン、スワロフスキー、パール● サイズ:高さ13cm×横幅11cm×奥行き5cm


カーネーションの
コンポート

ツートンカラーのソーラーフラワーを使った母の日用のアレンジメントです。●素材:ソーラーフラワー、プリザードフラワー、ブリヨン、パール● サイズ:高さ16cm×横幅12cm×奥行き12cm

リース
(ヘルツ)

自分で染めた花を用いて作った春のリースです。●素材:染花、ブリヨン、スワロフスキー、パール● サイズ:高さ43cm×横幅43cm



リース
(シュテルン)

自身の工房「Stern(シュテルン)~星」にちなんで作りました。たくさんのスワロフスキーをちりばめています。●素材:ブリヨン、スワロフスキー、パール● サイズ:高さ50cm×横幅50cm

リース
(クランツ)

濃淡2色のお花を使いました●素材:アーティフィシャルフラワー、ブリヨン、パール●サイズ:直径35cm


木製
フレームスタンド

染花をふんだんに使いました。淡い色合いが素敵でしょ!●素材:染花、ブリヨン、スワロフスキー、パール、フランス製リボン● サイズ:高さ20cm×横幅17cm×奥行き9cm

バラのコンポート

染めた葉を使うと作品が引き締まり、高級感がでます。●素材:アーティフィシャルフラワー、染花、ブリヨン、パール● サイズ:高さ9cm×横幅18cm×奥行き8cm


クリスマスボックス

大好きなバラとブドウを組み合わせた作品です。●素材:アーティフィシャルフラワー、ブリヨン、パール● サイズ:高さ20cm×横幅30cm×奥行き20cm


鳥かご

ガラスでできたお花があまりもも可愛かったので、取り入れてみました。●素材:ガラスの花、ブリヨン、スワロクスキー、パール● サイズ 高さ26cm×横幅18cm



※掲載している作品について、一部販売、クリニック内に展示もしております。またご予算に応じてオーダーも受け付けております。

当院が選ばれる3つの理由!


食べ過ぎに運動不足。若い頃はいくら食べても平気だったのに、気がついたら…メタボ腹。どうにかしないといけないけれど…と悩んでいませんか。年を重ねるほど取り戻すのが大変!それが生活習慣というものなのです。

がん検診と対極にあるような領域ですが実は定期的な検査、健康への気配りが大事であるという点は似通った面を持っています。健康でいきいきとした笑顔であふれる街にしたい、そんな想いをこめて開院したクリニックです。